WordPressで作るウェブサイト&サイト運営・集客をわかりやすく学べます

WordPressで作るウェブサイト&サイト運営・集客をわかりやすく学べます

WordPressのユーザーの削除方法と注意点(間違うと記事が無くなってしまいます)

WordPressのユーザーの削除方法と注意点(間違うと記事が無くなってしまいます)

スタッフが辞めた場合や、ホームページ制作業者のアカウントが残っている、脆弱なユーザー名がある等

特定のユーザーを削除したい場合があります。

削除の方法を間違えてしまうと今まで書いた記事がなくなってしまいますので紹介します。

最近ではWordPressのマンツーマンレッスンで講師が直接操作させていただくこともあり、その講座終了後にもこの作業を行なっていただきます。

まずは、削除したいユーザーを選択します。

ユーザーの「ユーザー一覧」をクリックします。

※WordPressインストール時に作成したユーザー名は普通には削除できません。
その場合はこちらの記事に変更方法を記載しています。

ユーザーを削除し、過去の記事を別のユーザーに割り当てる

削除したいユーザーの上にカーソルをあてて、削除をクリックします。

次に、過去の記事を別のユーザーに割り当てる作業をします。

 

※ ユーザー名の上にカーソルを載せると上記のように「編集|削除|表示|パスワードリセット送信」が表示されます。

 

【重要】過去の記事(コンテンツ)を別のユーザーに割り当てます

過去の記事(コンテンツ)を別のユーザーに割り当てます

必ず「すべての投稿とリンクを次のユーザーに割り当てる」を選択してください。

ここが注意点です。

【注意】「すべての投稿とリンクを次のユーザーに割り当てる」を選択しないと、

「admin」ユーザーで投稿した記事がユーザーごと、消えてしまいます。

 

最後に、「削除を実行」をクリックします。

 

これで完成です!

お疲れさまでした。

以上で、ユーザーの削除が完了しました。

 

新着情報

WordPressに限らず、Canvaの画像編集やサイト運営に関係する内容と、受講生さんからのご質問等で共通な内容も掲載していきます。

Canvaバナー おすすめ画像編集ソフトです。当サイトのアイキャッチ画像やバナー、Instagram用の画像や当サイトのチラシもこちらのCanvaで作っていますよ!無料版で十分です。  
 カテゴリー
翻訳
PAGE TOP