VK All in One Expansion unitプラグインの使い方1 ~メイン設定~

「VK All in One Expansion unit」ってなに?

WordPressでWebサイトを作成する際、実際に公開するまでに必要な機能毎にプラグインをインストールし、公開後はそれぞれを更新する必要があり、管理も大変で煩雑になります。

当セミナーでも使用しているLightningテーマの作者が作ったこのVK All in One Expansion unitプラグインは最近のWebサイト作成に求められる様々な機能を実装しているので、これひとつでインストールや更新の手間を大幅に省くことができます。

「Lightning」と併用することを前提に作られているので、是非活用していただきたいです。

「Lightning」についてはこちらをご覧ください。

 

「VK All in One Expansion unit」使い方

まずは「ダッシュボード」から「ExUnit」をクリックします。

メイン設定

「メイン設定」を見てみましょう。

「メイン設定」をクリックすると下記のような画面が出てきます。

それでは1つずつ機能を見ていきましょう。

 

トップページの〈title〉タグ

SEO対策として有効です。

検索にかかってほしい単語を入れましょう。長すぎると良くないので欲張るのは禁物です。

 

メタキーワード・メタディスクリプション

 

⚫メタキーワード

メタタグに入力するキーワードを入れます。

今はそれほど検索エンジン対策として重要視されないので当サイトでも使用していません。

 

⚫メタディスクリプション

いわゆる「抜粋」です。

記事一覧で”どんな記事なのか”簡単に紹介する際に表示される文章です。

投稿の編集画面の右上にある「表示オプション」をクリックすると・・・

 

「表示オプション」が展開されます。

「抜粋」をクリックしてください。そうすると・・・

 

投稿ページの下に「抜粋」記入欄が出てきますのでこちらに表示したい内容を記入します。

 

記載した内容は検索サイトの赤枠部分に表示されるのでユーザーが興味を引くような内容しましょう。

 

SNS Settings

FacebookやTwitterとの連動設定です。

  1. FacebookやTwitterなどにリンクを貼った際にタイトル以外にも表示させるか決めることが出来ます。
  2. FacebookのアプリケーションIDEALLYを入れて連動させます。
  3. 自身が持っているFacebookサイトのURLを入れます。
  4. Facebookの「いいね!」を押した際に表示される画像を選択します。
  5. 連動させたいアカウントを入れます。
  6. OGタグを出力する際にチェックを入れます。
  7. Twitterカードタグをhtml head内へ出力する場合はチェックを入れます。

  8. SNSのブックマークの表示の有無。
  9. 表示するボタンの種類を選択します。
  10. シェアボタンを表示する場所を選びます。
  11. Follow me boxを表示するかを選択します
  12. 必ず最後に「変更を保存」を押してください。

 

Google Analytics設定

Google Analyticsの設定を行います。

 

お問い合わせ情報

ページ下部に表示される”お問い合わせ”の設定です。

 

HTMLサイトマップ設定

サイトマップから除外したいページが有る場合利用します。

 

Call To Action

サイト下部に表示されます。

イベント紹介などにも有効です。

 

広告の挿入

ページに広告を入れたい人が利用します。

  1. Google自動広告を利用している方向け。
  2. 投稿ページの冒頭に広告を入れた場合に使います。
  3. moreタグに広告を入れた場合、使用します。
  4. 投稿ページの最後に広告を入れた場合、使用します。
  5. ”投稿ページ” ”固定ページ”広告をどこに出すか選択します。
  6. 設定したら必ずこのボタンを押して変更を確定させてくださいね。