WordPressで作るウェブサイト&サイト運営・集客をわかりやすく学べます

WordPressで作るウェブサイト&サイト運営・集客をわかりやすく学べます

多言語WordPressプラグイン、目的別 翻訳方法紹介

多言語WordPressプラグイン、目的別 翻訳方法紹介

WordPressサイトの英語化の翻訳、多言語化の目的別のおすすめプラグインを紹介します。

テーマ、プラグインを翻訳するプラグイン

Loco Translate

投稿もしくは固定ページの内容の多言語化の翻訳ではなく、WordPressテーマやプラグイン、WordPress本体を翻訳するプラグインです。
テーマやプラグインは、ほぼ海外の開発者が作っているため、設定画面や表示言語が英語になるため、
それを翻訳したい場合にはこのプラグインを使用します。

 

本格的に翻訳をしたい方向けのプラグイン

WPMLプラグイン

有料のプラグインですが、Elementorプラグイン含めエディタにも対応し、Google、 DeepL、Microsoft を使用して、サイト全体を自動的に翻訳でき、手動でも修正でき融通がかなりきくので本格的に多言語サイトを運用したい方向けにおすすめです。
無料もすべて試しましたが現在はこのプラグインを弊社でも利用しています(参考サイト
一緒に、お問い合わせフォーム(Contact Form 7 ・WPForms)やSEO対策等も翻訳が可能です。

【参考記事】WPMLの使い方をこちらに記載しました。

 

https://www.8seminar.com/howtowpml 

 

ひとまず簡単に翻訳したい初心者方向けの翻訳プラグイン

Translate WordPress with GTranslate

Google 翻訳を使った多言語化プラグインで WordPress を翻訳して、ウェブサイトを多言語化することができます。

Translate WordPress with GTranslate プラグインは、Google 翻訳の自動翻訳サービスを利用して、ワードプレスサイトを翻訳し、多言語対応します。103の言語に対応しており、99%以上のインターネット・ユーザーが利用できるようになります。
有料版では、SEO対応等が可能ですが、毎月9.99ドル〜39.99ドル必要のため、年間コストは結構かかりますので、最初からSEO対策も検討したい方は別のプラグインの方がコスパがいいと思います。
無料版でひとまずサクッと多言語したい方向けのプラグインです。

 

Bogo(シンプルに日本語と英語のみなら簡単です)

 

Bogo は日本人が開発していて、一投稿につき一言語を割り当てるタイプのシンプルな多言語化プラグインです。

機能も少ないので、本格的ではないですが、無料で利用できます。

 

おまけ:ジェットパック

翻訳プラグインではないですが、機能の1つにウィジェットにGoogle翻訳の言語切替を表示させる機能があります。

かなりシンプルですが、こちらも紹介しておきますね。

 

 

 

 

【無料】フォローアップ&公開講座スタート!

~ セミナー概要 ~
・サイト担当者必見!最新WordPress事情
・これからのスタンダードになるElementorエディタによるWordPressの新しい作り方
・Webサイト制作を受注するときの注意点

新しいWordPress作成のスタンダード!

WordPressでの制作はこれから大きく変化します!
テーマを選んで当てはめていく作り方から、自分で自由にデザインし、テーマまで作れる2ヶ月講座です。
受講後は、一緒に案件をお願いできる方も募集中!

新着情報

  ピックアップ講座

WordPressに限らず、Canvaの画像編集やサイト運営に関係する内容と、受講生さんからのご質問等で共通な内容も掲載していきます。

  おすすめ画像編集ツール

Canvaバナー
おすすめ画像編集ソフトです。当サイトのアイキャッチ画像やバナー、Instagram用の画像や当サイトのチラシもこちらのCanvaで作っていますよ!無料版で十分です。

 

 カテゴリー
PAGE TOP