Elementorプラグインでテンプレートをショートコードで呼び出す方法(テンプレ化の応用編)

Elementorプラグインの使い方(テンプレート化)

 テーマ関係なくデザインができるエレメンタープラグイン紹介

Elementorプラグイン」は、専門知識がなくても、ドラッグ&ドロップして、見たままの直感的にページを作ることができるページ制作のための世界で人気のプラグインです。(当セミナーでは無料版を利用します。※さらに機能が増えた有料版もあります)

テーマに依存せずに自由にデザインをすることができます。
ページで使用したい見出し、ボタン、アイコン、画像、動画などのパーツがたくさん用意されています。
もちろんレスポンシブデザインですが、さらにパソコン、タブレット、スマホの場合に別々の項目を表示する、もしくは非表示にする等の細かな設定も驚くほどとても簡単です。

Elementorプラグインでテンプレートをショートコードで呼び出す方法(テンプレ化の応用編)

 まずはこちらの記事をチェックしてくださいね

Elementorプラグインで、よく使うパーツ(内容やデザイン)をテンプレート化する方法、テンプレート化したものを呼び出す、使う方法を紹介します。楽になりますのでぜひ活用してみてくださいね。

 今回は上記の記事の応用編です。

前回で紹介したのは、よく使うパーツを登録して「呼び出す」ことができるのみです。

それは、「新しく作る手間を省く」のが目的でした。

今回は、さらに応用編として、テンプレートを元として、他のページで、もしくは複数のページでそのテンプレートを使用していたとします。

その元の「テンプレート」を変更した場合は、自動で更新されません。

今回は、元の「テンプレート」を変更した場合にも、自動で更新される方法を紹介します。

 

テンプレートを自動で更新するには

方法は2つあります。

1つ目は、Elementorプラグインの有料版の機能を使います。

Elementorプラグインは無料でも利用できます。有料版になると機能が増えます。

その増える機能の一つに、テンプレートをショートコードで呼び出すことができます。

ショートコードとは、あらかじめ登録した機能を短いコード(ショートコード)で呼び出せるとても便利な機能です。 

例:

このショートコードを貼り付けければ、元の内容を変更した場合も連動して、ショートコードを貼ったページも更新されます。

登録する際は、投稿もしくは固定ページで使うパーツの場合は、セクションがおすすめです。

2つ目は、無料のプラグインの機能で対応します

Elementor – Header, Footer & Blocks Templateプラグイン

Elementor Header & Footer Builder

この中の機能を使います。
このプラグインは、外観の中に設定画面があります。

無料の場合はこのショートコードを使うと有料のElementorプラグインと同じことができます。

 

 

【YouTubeはじました】過去セミナーやサイト運営ノウハウを無料で!

8年前からやるやる詐欺状態だったYouTubeを始めます。
過去動画や補足講座やWordPressだけでなく、画像編集や集客やドメイン&サーバー等色々とセミナーで行ってきた内容や皆さんに知っておいて欲しいノウハウを無料で視聴できます。
動画アップロードに時間かかっていますが今月中には手持ちの動画を順次載せていきますね。
チャンネル登録もよろしくお願いしますm(_ _)m