Lightningテーマのカスタマイズで出来ること(前編)

「カスタマイズ」で設定できることをご紹介します。

前編ではどのテーマでも共通となる部分について。

  • サイト基本情報
  • メニュー
  • ウィジェット
  • ホームページ設定
  • 追加CSS

「メニュー」「ウィジェット」「ホームページの設定」は

ダッシュボードで設定ができるのでここでの説明は省略します。

カスタマイズの表示方法

まずは「カスタマイズ」までの行き方です。

ダッシュボード画面で

「外観」→「カスタマイズ」をクリックしてください。

 

サイトの基本情報

「カスタマイズ」をクリックすると、下記のような画面ができています。ここで「サイト基本情報」をクリック

 

「サイトの基本情報」では以下のことが設定できます。

  • サイトのタイトル
  • キャッチフレーズ
  • サイトアイコン、ファビコン

 

サイトのタイトル

ここで入力された情報が検索エンジンの検索結果にサイト名として表示されます。

SEO対策として様々な単語を入れてしまい、格好の悪いタイトルになってしまっているサイトを見かけます。

せっかく作るサイトなので格好良くしたいですよね。

「Lightning」では表に表示されないSEO対策用のタイトルを設定することが出来ちゃいます。

やり方はこちらでご紹介しています(準備中)

 

キャッチフレーズ

タイトル同様、検索エンジンの検索結果にどのようなサイトかの説明文として表示されます。

こちらも表示されないキャッチフレーズを設定するることが可能です。

設定方法についてはこちら(準備中)

 

サイトアイコン

サイトアンコンとはブラウザーのタブやブックマークバー、モバイルアプリの画面に表示されるものです。

 

やり方は簡単。

「画像を変更」をクリックしてアップしたい画像を選択して完了です。

 

追加CSS

HTMLが段落や見出しなどの構成を構築するプログラミング言語ですが、CSSとは細かな色をつけたり動きをつけたりするプログラミング言語です。

それを、どのように変更されているかリアルタイムで見ながらCSSの書き込みをすることが出来るのが「CSS追加」。

用意されたテーマに一工夫加えたい人や同じテーマを使っている人と被りたくないという人におすすめの機能です。

 

 

「追加CSS」をクリックすると下記の画面が表示されます。

画面下の赤枠部分にCSSを書き込みまたはコピペをして行います。

 

後編はLightningをテーマにしている方に追加される機能についてご紹介します。

後編はこちら

初心者向けの1日速習WordPressセミナー

1日速習のWordPressセミナーです。

日程が合わない方は個別レッスンでも対応可能ですので、お気軽にご相談ください。