WordPressで作るウェブサイト&サイト運営・集客をわかりやすく学べます

WordPressで作るウェブサイト&サイト運営・集客をわかりやすく学べます

WPFormsのスパム対策:GoogleのreCAPTCHA設定方法

WPFormsのスパム対策:GoogleのreCAPTCHA設定方法

WPFormsのスパム対策:Googleのスパム対策「reCAPTCHA」の導入方法を紹介します。

参考:WPFormsの作り方はこちら

「Contact Form by WPForms」プラグインでの「reCAPTCHA」の導入方法

「reCAPTCHA」リキャプチャと読みます。

 

 

メッセージが表示されます。

 

CAPTCHA はまだ設定されていません。
WPForms 設定でセットアップを完了し、詳細についてはステップバイステップのチュートリアルを確認してください。

 

WPFormsの公式マニュアル

下記を参考にします。

https://wpforms.com/docs/setup-captcha-wpforms/

 

「Contact Form by WPForms」の設定に移動します

 

 

WPFormsの設定でCAPTCHAを選択します

 

 

「reCAPTCHA(リキャプチャ)」設定画面

 

 

「reCAPTCHA(リキャプチャ)」設定画面

Checkbox reCAPTCHA v2について

私はロボットではありませんの確認画面が表示されます。

チェックボックスreCAPTCHAの例

 

Invisible reCAPTCHA v2(推奨)について

「Invisible reCAPTCHA」を使用すると、フォーム内に何も表示されません。
画面の右下隅に小さなバッジが追加され、Googleの利用規約とプライバシーポリシーにリンクされます。

目に見えないreCAPTCHAの例

 

「Checkbox reCAPTCHA v2」と同様に、「Invisible reCAPTCHA v2」は、スパムボットでないことを確認するために画像ベースの質問に回答するようユーザーに求める場合があります。

v2reCAPTCHAの例

 

reCAPTCHA v3 について

「invisible reCAPTCHA」と同様に、 「reCAPTCHA v3」では、ユーザーには、Googleの利用規約とプライバシーポリシーにリンクする小さなバッジのみが画面の右下隅に表示されます。

スパムなのかどうかは完全にバックグラウンドで実行されます。
ただ「reCAPTCHA v3」により、一部の正当なユーザーがフォームを送信できなくなる可能性があるため、ほとんどのサイトで「 InvisiblereCAPTCHA v2」を使用することをお勧めします。
(WPForms 公式サイトより)

 

GoogleでのreCAPTCHAキーの生成

reCAPTCHの設定ページ https://www.google.com/recaptcha/admin/create

 

 

キーを取得します

 

 

 

キーを入力して終了です。

 

 

【無料】フォローアップ&公開講座スタート!

~ セミナー概要 ~
・サイト担当者必見!最新WordPress事情
・これからのスタンダードになるElementorエディタによるWordPressの新しい作り方
・Webサイト制作を受注するときの注意点

新しいWordPress作成のスタンダード!

WordPressでの制作はこれから大きく変化します!
テーマを選んで当てはめていく作り方から、自分で自由にデザインし、テーマまで作れる2ヶ月講座です。
受講後は、一緒に案件をお願いできる方も募集中!

新着情報

  ピックアップ講座

WordPressに限らず、Canvaの画像編集やサイト運営に関係する内容と、受講生さんからのご質問等で共通な内容も掲載していきます。

  おすすめ画像編集ツール

Canvaバナー
おすすめ画像編集ソフトです。当サイトのアイキャッチ画像やバナー、Instagram用の画像や当サイトのチラシもこちらのCanvaで作っていますよ!無料版で十分です。

 

 カテゴリー
PAGE TOP