WordPressで作るウェブサイト&サイト運営・集客をわかりやすく学べます

WordPressで作るウェブサイト&サイト運営・集客をわかりやすく学べます

【画像付き解説】OpenSeaでデータからNFTを作成する方法

【画像付き解説】OpenSeaでデータからNFTを作成する方法

【画像付き解説】OpenSeaでデータからNFTを作成する方法

前回はジェネレータを作って、はっちゃんNFTを作成しました。

Bueno NFT Generator(ブエノジェネレーター)の使い方
https://www.8seminar.com/bueno-nft-generator/

次は作成したNFTを「OpenSea」にアップしてみましょう。今回は「OpenSeaにおけるNFTの作成方法」を解説していきます。

OpenSeaを利用するには?MetaMaskを接続してみよう

OpenSeaを利用するにはアカウントを作成する必要があります。OpenSeaではNFTの売買手数料として仮想通貨である「ETH」を利用するため、ETHを保存できる仮想通貨ウォレットを用意しておきましょう。

はっちゃんセミナーでは仮想通貨ウォレットとして「MetaMask(メタマスク)」の利用をおすすめしています。まだMetaMaskを持っていない方は、こちらの記事を参考にMetaMaskを作ってみてくださいね。

【画像で解説】MetaMask(メタマスク)の作り方~3分で完了~
https://www.8seminar.com/metamask-tsukurikata/

右上のプロフィールアイコンからMetaMaskウォレットを接続する

①右上のプロフィールアイコンをクリック

②MetaMaskをクリック

その後、MetaMaskのパスワードを入力するなど、手続きを進めていくと接続が完了します(OpenSeaのアカウントが作成できます)。

このタイミングでアイコンやアカウント名など、OpenSeaのアカウントのプロフィールも設定できておくとよいですね。

OpenSeaでNFTを作成しよう

OpenSeaのトップページに戻ったら、右上のプロフィールアイコンにカーソルを合わせます。

画像ではプロフィール画像を登録したため、はっちゃんの画像になっています。(画像を登録していなければ人のマークになります)

メニューが表示されたら「Create」をクリックしましょう。

OpenSeaで出品できるNFTの種類は?

OpenSeaで作成できるNFTは画像、動画、音声データ、3Dモデルのいずれかで、アップロードできるサイズは100MBまでです。

サポートされているファイル形式

JPG/PNG/GIF/SVG/MP4/WEBM/MP3/WAV/OGG/GLB/GLTF

アイテムのデータをアップロードし、必要な情報を入力しよう

項目を上から順に説明していきましょう。画像ボタンをクリックすると、パソコン内のファイルをアップロードできます。続けて項目の入力を進めます。

必須項目は「データ」と「名前」だけのため、テストとしてNFTを作成したいという人は、ファイルをアップロード、名前を入力したら最下部の「作成」をクリックしましょう。

項目について

名前 アイテム名が入ります。どんなNFTかがわかりやすい名前にしましょう。
外部リンクのURL ※任意 NFTの説明ページのURLをはることができます。SNSアカウントへのリンクで問題ありません。
説明 Markdownを利用して、NFTの説明文を記載できます。
コレクション どのコレクションにNFTを表示させるかを選べます。(NFTはコレクションごとに作成することができます)
プロパティ アイテムページにNFTの説明をタグとして追加することで、ユーザーが目的のNFTを見つけやすくなります。
例:Background: Blue(背景が青色)
レベル プロパティと同様に属性を追加できます。
レベルはプログレスバーで表示されます。
例:速度レベル3(1~5)
統計 レベルと同じように属性を追加できます。
統計は数字で表示されます。
例:速度レベル3(1~5)
ロック解除可能なコンテンツ このアイテム(NFT)を購入した人のみが閲覧可能なエリアです。コンテンツ(アクセスキー、引き換え用コード、ファイルへのリンクなど)が入力できます。
露骨でセンシティブなコンテンツ NFTがセンシティブなコンテンツになる場合は、チェックをいれてください。
供給 供給数です。基本的に1のままにしておきます。
ブロックチェーン EthereumまたはPolygonのどちらかを選択します。

 

最後に「作成」をクリックします。

※よくわからなければ、「データ」と「名前」があれば大丈夫です!どちらも後ほど編集できるため、まずは手順を進めてみましょう。

NFTが作成できたら、次は販売に進んでみよう

OpenSeaでNFTアイテムを作成することができましたね!意外と簡単に作成できたのではないでしょうか?

NFTを登録するにあたって、説明や属性、購入者特典になるコンテンツなどを入力することによって、はっちゃんセミナーとしても考えなおしたい点がでてきました。

次はいよいよコレクションの作成と、作成したNFTを出品していきます。お楽しみに♪

【無料】フォローアップ&公開講座スタート!

~ セミナー概要 ~
・サイト担当者必見!最新WordPress事情
・これからのスタンダードになるElementorエディタによるWordPressの新しい作り方
・Webサイト制作を受注するときの注意点

新しいWordPress作成のスタンダード!

WordPressでの制作はこれから大きく変化します!
テーマを選んで当てはめていく作り方から、自分で自由にデザインし、テーマまで作れる2ヶ月講座です。
受講後は、一緒に案件をお願いできる方も募集中!

新着情報

  ピックアップ講座

WordPressに限らず、Canvaの画像編集やサイト運営に関係する内容と、受講生さんからのご質問等で共通な内容も掲載していきます。

  おすすめ画像編集ツール

Canvaバナー
おすすめ画像編集ソフトです。当サイトのアイキャッチ画像やバナー、Instagram用の画像や当サイトのチラシもこちらのCanvaで作っていますよ!無料版で十分です。

 

 カテゴリー
PAGE TOP