WordPressで作るウェブサイト&サイト運営・集客をわかりやすく学べます

WordPressで作るウェブサイト&サイト運営・集客をわかりやすく学べます

【さくらサーバー】リニューアルで別のディレクトリ(フォルダ)で作成したWordPressサイトを差し替える方法

【さくらサーバー】リニューアルで別のディレクトリ(フォルダ)で作成したWordPressサイトを差し替える方法

cat透過

さくらサーバー

WordPressサイトでさくらサーバーを利用し、同じドメインでのの引っ越し方法を紹介します。
新サイトをさくらサーバーのディレクトリで作成後に、今のWordPressサイトと切り替える方法です。

参考:WordPressサイトリニューアルの流れ・手順(さくらサーバーで同一ドメイン前提)

 

本日個別レッスンで、さくらレンタルサーバー で新しいWordPressサイトの引っ越しをサポートしました。その際の要点をメモしておきます。

WordPressの移動中の、サーバーエラーについて

このような画面が表示されるとドキ!っとしますが大丈夫です。見えていないだけでデータはちゃんと残っています。
サーバーにログインして意図的にデータベースを消していない限り、ちょっと手があたったくらいでは消えないので大丈夫です。

運営中の方で一瞬でもエラー含めおかしくなっては行けない場合は、「リニューアル中です」のindex.htmlでトップページを一旦工事中にしておくことをおすすめします。

もしくは、あまりアクセスが少ないサイトさんならアクセスの少ない時間帯で移転作業をされると良いと思います。

WordPressのトップページの index.php と index.html の両方が混在している場合は、index.htmlが優先されて表示されます。

さくらサーバーでは

https://www.8seminar.com/wp

既にこのようにドメインの下にフォルダを作って(例:wp)

それをドメイン直下に表示しています。

例:今のサイト https://www.8seminar.com/wp

この「wp」フォルダに入っているWordPressサイトを

https://www.8seminar.com/newwp

この「newwp」フォルダに変更する方法です。

まずは、フォルダの階層を確認しましょう。

さくらサーバーの管理画面の「ドメイン/SSL」にあるドメイン名のWEB公開フォルダの下の「~/www/○○○」

○○○がWordPressのデータが入っているフォルダ名です。

意外と「wp」このフォルダ名でインストールしていたつもりが

注意!フォルダの階層について

インストール時に何度かクリックしてしまい、「/wp/wp」のように入れ子になっていることが多いです。
必ず今のWordPressサイトが入っているフォルダを確認します。

3つのファイルをバックアップとして保存します

さくらのファイルマネージャーにログインし、何かあっても戻せるようにWordPressのサイトの中にある3つのファイルをダウンロードし、バックアップとして保存しておきましょう。

  • .htaccess
  • wp-config.php
  • index.php

 ① WordPressの管理画面で今のサイトのURLを変更します。

WordPressにログインし、設定の一般設定からWordPressアドレスとサイトアドレスを変更します。

今画像では「wp」にしていますが、皆さんの実際に入っているフォルダ(ディレクトリ名)にしてくださいね。

もしこちらの設定を間違えるとWordPressにログインできなくなり焦りますが大丈夫です。自分でデータベースを消さない限りエラーが出て見えなくなていてもウェブサイトのデータが消えるということはないので大丈夫です。

その場合は

  • wp-config.php ファイルを変更することで直せます。

② リニューアル用の新サイトのアドレスを変更します。

同様に、リニューアル用の新しいWordPressサイトにログインし、設定の一般設定からWordPressアドレスとサイトアドレスを変更します。

先程確認したフォルダをFTPソフトでクリックし、全データをダウンロードします。
少なくとも2000ファイル以上あると思いますのでしばらく待ちます。ファイル数が多いと数十分とかなり時間かかります。

 

 

 

③ 新しいサイトのドメイン直下のindex.phpを修正します

さくらのファイルマネージャーにログインし、

「index.php」をダウンロードし、中身を書き換えてアップロード

ダウンロードした「index.php」をエディタやメモ帳で開き、下記の1行の記述を修正します。

※今回は新しいWordPressサイトが「newwp」に入っているという前提ですので皆さんのフォルダ名で修正します。

修正前の元の記述

require( dirname( __FILE__ ) . '/wp-blog-header.php' );

修正後の記述

require( dirname( __FILE__ ) . '/newwp/wp-blog-header.php' );

 

④ 「.htaccess」をダウンロードし修正しアップロードします

「.htaccess」をダウンロード

修正前の元のファイル


RewriteEngine On
RewriteBase /newwp2/
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /newwp/index.php [L]

修正後のファイル


RewriteEngine On
RewriteBase /  ←この行を変更します(/newwp を削除)
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]  ←この行を変更します(/newwp を削除)

 

修正箇所は下記の2行のみです。

RewriteBase /

RewriteRule . /index.php [L]

これでOKです。

 

忘れがちなので追記【検索エンジンでの表示】

作成中に設定の表示設定から 検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする にチェックを入れて検索エンジンに引っかからないようにしていた方は必ず下記の部分のチェックを外します。

自分では見えているので気づきにくいですがチェックを入れたままでは、検索エンジンに引っかからないので誰も来ないウェブサイトになってしましますので必ずチェック外しましょう。

おまけ

下記も行って起きましょう

  • GoogleAnalytics(Googleサーチコンソール)の再設定
  • Googleサイトマップ登録

これで終了です!

cat透過

さくらサーバー

価格もお手頃で利用者の多いレンタルサーバーです。

当サイトも以前、1日速習WordPressセミナーの受講者さんにさくらサーバーさんの1年無料特典を付けて講座を行っていました。
価格もお手頃で利用者の多いレンタルサーバーです。

2021年3月10日(水) 13:00-15:00

無料のCanvaを使ったアイキャッチ画像の作り方

【無料】フォローアップ&公開講座スタート!

~ セミナー概要 ~
・サイト担当者必見!最新WordPress事情
・これからのスタンダードになるElementorエディタによるWordPressの新しい作り方
・Webサイト制作を受注するときの注意点

新しいWordPress作成のスタンダード!

WordPressでの制作はこれから大きく変化します!
テーマを選んで当てはめていく作り方から、自分で自由にデザインし、テーマまで作れる2ヶ月講座です。
受講後は、一緒に案件をお願いできる方も募集中!

新着情報

  ピックアップ講座

WordPressに限らず、Canvaの画像編集やサイト運営に関係する内容と、受講生さんからのご質問等で共通な内容も掲載していきます。

  おすすめ画像編集ツール

Canvaバナー
おすすめ画像編集ソフトです。当サイトのアイキャッチ画像やバナー、Instagram用の画像や当サイトのチラシもこちらのCanvaで作っていますよ!無料版で十分です。

 

 カテゴリー
PAGE TOP