Elementorプラグインの設定

固定ページの「ページ属性」でElementorプラグインのテンプレートを選びます。

Image from Gyazo

3種類のテンプレートが用意されています。よく使うのはElementor全幅です。
LPを作りたいときは、Elementorキャンバスを使います。
それぞれの違いは、

  • デフォルトテンプレート(元々のテーマのテンプレートです。)ロゴの表示あり、ヘッダーあり、フッターありでデザインは元々のテーマの固定ページです。
    元々のテーマが2カラムの場合は、2カラムになりますが、Elementorプラグインは
    ワンカラムで使うことを想定されています。
  • Elementor キャンバス (ヘッダーとフッターは表示されます。)サイドバーなしのワンカラムです。ランディングページはこちらで作る事が多いです。
    ロゴなし、ヘッダーなし、フッターなしで、真っ白な画面から始めます。
  • Elementor全幅サイドバーなしのワンカラムです。ヘッダーとフッターありです。

 

 

Elementorプラグインの編集画面を開きましょう

https://gyazo.com/ccbf56abff65aca8be6b24177557bcfe

固定ページや投稿など、Elementorプラグインで作られているページの一覧で「Elementorで編集」をクリックするか

もしくは、普通にページを開いて、真ん中にある「Elementorで編集」をクリックすれば編集ができます。

 

 

 

Elementorプラグイン編集画面

右側の画面で見たまま操作ができます。
編集したい箇所をクリックすれば、左の操作パネルが切り替わります。

左の操作パネルには、たくさんのパーツが用意されていますが
Elementorプラグインのプロ(有料プラン)にすると、さらに増えます。

無料プランで行う場合も、Elementorプラグインを拡張するプラグインも多数開発されているので
それらを利用してもいいですね。

 

 

Elementorプラグインの画面のセクションの見方

Elementor無料版の基本セクション

 

Elementorプロ版(有料)の基本セクション

※鍵マークは有料です。

 

 

Elementor無料版の一般セクション

無料版で利用可能です。

 

Elementorプロ版(有料)のサイトセクション

 

 

Elementorプロ版(有料)のWooCommerceセクション

通常は使用しませんが、ネットショッププラグインのWooCommerceが入っている場合に表示されます。

 

Elementorのヘッダー&フッターブロックセクション

 

WordPress標準のセクション

元々のWordPress標準のウィジェット機能です。あまり使わないですね。

WooCommerceなど他のプラグインを利用している場合に、ここに項目が増える場合があります。

 

Elementorプラグインの拡張プラグインを入れた場合、
Essential Addons for Elementor

Elementorプラグインは人気のためさらに機能(セクション)を増やした拡張プラグインはたくさんあります。
例えば、Essential Addons for Elementorを入れた場合のセクションを紹介します。

 

WordPress標準のセクション

 

 

学び放題のWordPressサイト作成講座モニター募集!

今回のみの企画です。33,000円(税込み)で1日速習WordPressセミナーの内容以外にも、
15日間(45時間)+12日間(36時間)+αで学び放題のお得なホームページ作成オンライン講座のモニターを募集します。

WordPressでのホームページの制作から、集客方法やWordPressのプラグインを使った機能追加、サイトに使用する画像編集、チラシや名刺作成等、サイト運営だけでなく、時短テクニック等学べます。録画での視聴ももちろん可能です。

ご希望の方は、応用編として、WordPressによるオンラインスクールの構築方法、ブログの収益化(アフィリエイト)、ネットショップ作成等も学べます。