WordPressで作るウェブサイト&サイト運営・集客をわかりやすく学べます

WordPressで作るウェブサイト&サイト運営・集客をわかりやすく学べます

WordPressの自動保存機能(投稿・固定ページ)リビジョン機能紹介

WordPressの自動保存機能(投稿・固定ページ)リビジョン機能紹介

今のWordPressでは、保存をし忘れたり、パソコンがフリーズしたりしても、自動で直前の内容を保存してくれています。

「以下のバージョンより新しい自動保存版があります。」もしくは

「ブラウザー内のこの投稿の下書きが以下のバージョンと異なっているようです。」と表示され、

その自動保存の内容をクリックで反映させることができます。

自動保存がされている場合

新しく編集しようと投稿もしくは固定ページを開くと、下記のように

「以下のバージョンより新しい自動保存版があります。自動保存を表示」と上に表示されていれば

自動保存されている内容があるということです。

Classic Editor(クラシックエディタ)WordPressの前のエディタの場合

WordPressのエディタによって表示されるメッセージが異なります。

Gutenberg(グーテンベルク)WordPressの今の初期エディタの場合

表示メッセージ:ブラウザー内のこの投稿の下書きが以下のバージョンと異なっているようです。
バックアップから復元

「自動保存」を表示をクリックすると

このようなリビジョン(更新履歴)画面が表示されます。

 

 

過去のリビジョン(更新履歴)に戻せます

保存し忘れている場合は直前の内容を確認できますし、レバーを動かすともっと過去の更新まで遡ることができます。

間違えて上書きしてしまった等で前に戻したい場合にもこちらで戻すことができます。

誰(どのユーザー)がいつ(何月何日の何時何分)が分かり、変更内容も比べることができます。

 

Image from Gyazo

 

間違えたリビジョンを戻した場合

例えば、前回自動保存していた内容に戻したかったのに、間違えて2個前のリビジョンに戻してしまっても大丈夫です。

間違ってもリビジョンが増えますので、正しいものを選択し直せば大丈夫です。

リビジョンで復元したら、エディターへ移動します

「← エディターへ移動」をクリックして元の投稿もしくは固定ページに戻ります。

「以下のバージョンより新しい自動保存版があります。」or「ブラウザー内のこの投稿の下書きが以下のバージョンと異なっているようです。」と表示されれば自動保存がかかっているということになります。

なので、消えてしまうことはないので、どんどん更新していきましょうね!

新着情報

WordPressに限らず、Canvaの画像編集やサイト運営に関係する内容と、受講生さんからのご質問等で共通な内容も掲載していきます。

Canvaバナー おすすめ画像編集ソフトです。当サイトのアイキャッチ画像やバナー、Instagram用の画像や当サイトのチラシもこちらのCanvaで作っていますよ!無料版で十分です。  
 カテゴリー
翻訳
PAGE TOP