社内外のやり取り、ネット通販、セミナー参加お申込みなど、
そんなときに日々の生活で必要となるのが、
メールアドレスや住所、電話番号、サイトURLなどの入力です。

毎回打つ時間の短縮に、
また、コロンとセミコロンなどの打ち間違いミス防止に、
単語登録を活用しましょう!

WindowsやMacの標準装備されている文字入力ツールでも単語登録は使えますが、
当セミナーでは「Google日本語入力」をおすすめしています。

 Google日本語入力(GoogleIME)のインストール方法

文字入力が非常に使いやすくなるので是非ともダウンロードしましょう。

まずはGoogle日本語入力(GoogleIME)のページ

単語登録で時短&より便利にしましょう

よく使う単語は単語登録しておくと便利です。

フォームに入力するときにいちいちメールアドレスを手打ちするのは時間はかかりますし面倒です。

アットマークが全角になってしまっていたり、
カンマとドットを間違えて入力してしまうケースが多くあります。

住所や電話番号や運営しているサイトやブログ、
所属しているサイトのURLを登録するのも便利ですね!

単語登録を使えば

めーる → 【変換】 → info@8seminar.com(自分のメールアドレス)

めーると打つだけで自分のメールアドレスを表示させることができます。
作業効率を上げるために単語登録は必須です。

ここではグーグルIMEの単語登録のやり方を紹介しますね。

単語登録の方法

Macの方は右上、Windowsの方は右下にアイコンがあります。

文字を入力できる状態で、単語登録をクリックします。

単語と読みを入力して、余力があれば品詞を選びます。選択しなくても大丈夫です。

単語登録を文字数は、99文字まで登録が可能です。

 

 

 

一度登録した単語登録を編集する方法

編集する場合はユーザ辞書の編集をクリックします。

編集したい単語を探して編集します。

 

普段のメールでのやりとりやホームページの更新などで活用くださいね。